アルバイトの基準

安定した収入があれば審査基準を満たすのか?

アルバイト
正社員として働き、勤続年数をのばしている方は安定した年収が得られるため、とくに問題を抱えているケース以外はそのほとんどがキャッシングの審査を通過することができます。

 

誰からも認められる収入や実績を得ている方は、家族構成や居住環境などのキャッシングの審査基準を満たしている場合は殆どであるため、急なケガや病気など万が一の事態に陥ってもお金を貸してくれるところはいくらでもあるのです。

 

しかし収入が少ない上に不安定な状況にあるアルバイトやパートの方にとって、万が一の支えでもあるキャッシングを利用するのは若干腰が引けるものなのです。

 

いつ撤退するかもわからない個人商店やチェーン店、または中小企業に勤務しているアルバイトは、収入が少ないうえに福利厚生を期待することもできません。

 

賃貸料の安いアパートや勤務先が用意してくれた寮などを転々とした履歴が残っているため住居環境も不安定で、いつ蒸発してもおかしくない状況にあります。

 

そんなアルバイトを生業としている方々は、キャッシング業者が用意した各種「審査基準」を通過するのは無理だと、利用する前から諦めている方も多いのも事実です。

 

近年のキャッシング業者は主婦やパートやバイトなど「本当にお金を欲している方々」への融資サービスを積極的に展開して話題となっています。

 

しかし収入も少ないうえ、返済能力があるとは言い切れない状況にあるためか、金利が若干高い傾向にあるのは仕方のないことでしょう。

 

また融資限度額も低目ではありますが、何百万円という多額の融資をきっちりと返済できるアテがないため、これもある意味キャッシングの常識として捉えたほうが良いでしょう。

 

最近のキャッシングは20歳〜69歳という年齢であっても融資が受けられるため、きちんとした返済プランを立てられる方であれば心強いサポーターとして活躍してくれるのです。

 

スピーディーな審査と融資が可能になったキャッシングを十二分に活用し、万が一の不安解消やストレス発散など、あなたの生活に豊かさと余裕を持たせてみるのも良いでしょう。

 

景気の回復とともにさらに借りやすいキャッシングサービスが登場するのではと、今から期待しています。

 

消費者金融では20歳以上でご本人に安定した収入がある方であればご利用可能(※専業主婦は除く)。

 

関連:
セブン銀行カードローンで増額申請する前に知っておきたいこと